役に立つ資格。整体師と心理カウンセラー

資格大百科

歴史

日本での資格の起源は平安時代にあります。この時の資格試験とは官僚になるなるための試験でした。これは中国の官僚試験である科挙と同じシステムであり、主に貴族が受ける試験でした。

現在のような形になったのは明治時代であり、この時代は文明開化により、様々な資格試験が生まれました。近代の試験のもととなる、明治新政府官僚試験、代言人(弁護士)試験、医師免許、歯科医師免許、船長、航海士、そして教員免許も明治時代に生まれました。

そして、戦後になり、昭和20年台には130もの国家資格が生まれ、その後も数多く増えていき、現在に至ります。今では難しい物から趣味程度のものまで、数多くのものが存在しており、国家、民間様々あります。

国家

国家資格はその国のみ通用するものであり、外国では適用されません。

例を挙げるとすると、タイでマッサージ師になるための勉強をし、取得したとしても、日本でマッサージ屋は開業できないということです。しかし、技能があることを認められと、特例として養成機関に入ることを免除され国家試験の受験資格を得ることは可能です。

条件

資格を取得するためには、様々な条件がある場合があります。

例えば医師免許の場合なら、大学の医学部で6年間勉強し、必要技能と知識を履修することが条件のものもありますし、マッサージ師のように大学以外にも養成機関での勉強や実技の習得によって受験できるものもあります。
また、高2にん会計士の条件は18歳以上であることが条件で、18歳以上ならだれでも受けることができますが難関で合格率が低いのが特徴です。